ニュース

NEWS

W受賞!〜HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY 2018〜

2019.06.25

こんにちは!エルクホームズの広報担当です。

 

今回、私たちエルクホームズの主力商品「LaPlus(ラ・プラス)」が「HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY 2018」において、「特別優秀賞」と「優秀企業賞」をW受賞しました!

 

一昨年には「大賞」、昨年には「特別優秀賞」を受賞していますので、今年で3年連続になります。

 

HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY(ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー)とは、「一般財団法人日本地域開発センター」の開催する建物と設備の省エネ性能に対した表彰制度です。

 

190625-1.jpg

 

審査委員会は省エネ性能の有識者で構成され、厳正な審査のもと受賞者が決定します。

 

 

具体的な審査基準は以下の3つです。

 

1.外皮・設備の省エネルギー性能値

2.多様な省エネルギー手法の導入および健康・快適性その他の取組み

3.省エネルギー住宅の普及への取り組み

 

つまり、省エネかつ快適な住宅の提案、普及に努めているハウスメーカーが選ばれる訳ですね。

 

ちなみに、「LaPlus」は以下の3つの点が評価されました。

 

1.高断熱、高気密な「2×6工法」によりエネルギーロスの少ない設計

2.「全館空調YUCACOシステム」によるエコで快適な住環境の提案

3.全戸に「ZEH基準」をクリアし断熱性能を備えた住宅設計を採用

 

190625-2.jpg

 

また、エルクホームズでは年間50回を超える「見学会イベント」を開催しており、2×6工法や全館空調YUCACOシステムなど省エネ住宅の普及への取り組みも高く評価されました。

 

今回、私たちがこうして3年連続受賞できたのも、お施主さまや地域の皆さまのご支援のおかげです。

 

今後も、エルクホームズは山口県や広島県で展開するハウスメーカーとして、省エネ住宅、ZEH住宅の普及に取り組んでまいります。

一覧に戻る