ニュース

NEWS

営業担当にインタビュー!家づくりの流れ①【展示場見学編】

2019.07.18

こんにちは!エルクホームズ の広報担当です。

 

皆さんは夢のマイホームを建てるとして、まず何から始めるのがいいと思いますか?

 

1.土地を探す

2.予算を決める

3.展示場に行く

 

私たちのおすすめは「3.展示場に行く」です。

 

と言うのも、展示場であれば営業担当に質問できますし、実際の建物を見学してイメージも膨らみます。マイホームを建てるのに必要な情報のほぼすべてが展示場には揃っているんです。

 

ただ、展示場に行ったとして、何をポイントに見学したらいいか分からない方も多いでしょう。

 

そこで、今回はベテラン営業担当Yに展示場を見学するときのポイントを教えてもらいました。営業担当だからこそ知っている、思い通りにマイホームを建てるコツが満載でしたよ!

 

1.jpg

 

私:「展示場を見学するにあたり、もっとも大切なことって何ですか?」

 

Y:「そうですね〜。やはりお客様がどのような家を建てたいのかイメージして頂くことが大切です。まったくの白紙からでも家は建ちますが、イメージがあると展示場と比較しながら見学できます」

 

私:「イメージとのことですが、具体的にどのようなものですか?」

 

Y:「外観を重視した家を建てたい、間取りを重視した家を建てたい、建物の性能が高い家を建てたいのように大まかなもので大丈夫です」

 

Y:「もちろん、部屋数は何部屋欲しい、平屋が良い、吹抜けが欲しいなどイメージはより具体的であった方がいいのは確かです」

 

私:「つまりお客様の建てたい家の方向性を決めるわけですね」

 

Y:「その通りです。方向性が決まっていれば、ハウスメーカーを比較検討する際に、どのハウスメーカーとどのハウスメーカーと比較したら良いのか分かってきます」

 

私:「イメージを考える他に、展示場を見学するときのポイントってありますか?」

 

Y:「私たちのような営業担当に気になったことをその都度質問していただくことです。ハウスメーカーごとに強みは異なりますが、その強みをもっとも理解しているのは私たちになります」

 

Y:「例えば、私たちエルクホームズの採用する全館空調YUCACO(ユカコ)は、エアコン1台で住まいをまるごと空調管理することで、家中の温度差が少なく心地いい空間をご提供できるシステムです。建物の性能が高いからこそ光熱費が安く抑えられるシステムでもあります」

 

私:「確かに、分からないことはその道のプロに聞くのが一番ですよね」

 

Y:「営業担当に相談=契約に繋がると思って相談しづらい方もいるようですが、そのようなことはありませんので、ぜひ気軽にご相談していただければと思います」

 

今回、営業担当Yから展示場を見学するポイントを聞いてきましたが、まずは大まかでもマイホームの「イメージ」を考えることが大切とのことでした。

 

一生に一度のマイホーム、ぜひ夢を膨らませて展示場とイメージを比較してみましょう!

 

ちなみに、エルクホームズはハウスメーカーのひとつとして、山口県と広島県に住宅展示場が数箇所あります。

エルクホームズの魅力を体験しに一度足を運んでみてくださいね!

 

 

エルクホームズの住宅展示場一覧ページはこちら

一覧に戻る