結露やシロアリにも強く、長寿命 100年住み継げる住まいを

木を結露や湿気から守る

住まいの劣化で特に注意すべきなのが床下や壁の中などの腐食です。その大きな原因となるのが湿気。エルクホームズでは住まいが自然に呼吸する仕組みを取り入れ、湿気や結露を防いでいます。

外壁通気工法

木造住宅の外壁の中は、室内からの湿気が入り込むなどして、内部結露を起こす可能性があります。これを防ぐために、壁の中の湿気を外部に放出させるのが「外壁通気工法」です。まず、「湿気(水蒸気)は通すが、雨は通さない」透湿防水シートで住まいの壁を覆い、外壁材との間に空気が流れる層を作ります。この層を通して壁内の湿気を逃がし、腐食を生まない住まいをつくります。

外壁通気の仕組み

エアーバッフル

エルクホームズでは、外壁の通気層を通って小屋裏へ上がってきた湿気をスムーズに逃がせるよう、エアーバッフルを採用しています。

エアーバッフル

床下換気

基礎部分に換気孔を空けることなく床下の通気ができるよう、「基礎パッキンを用いた床下換気」を行っています。パッキンを施工したすべての部分で換気ができるため、特に湿気のこもりやすい基礎のコーナー部分もしっかりと空気が流れます。

基礎パッキン床下換気

木をシロアリから守る

エルクホームズでは、住まいを白蟻から守るため、木材を組む前の部材の段階で防虫処理をしています。そのため木の内部まで薬剤が浸透するほか、木の接合面にも防虫が施せます。また、十分な湿気・結露対策を行うとともにベタ基礎を採用することで、白蟻の繁殖や侵入を防いでいます。

誰もが、いくつになっても住みやすい家づくりを

住まいそのものの長寿命を実現するだけでなく、エルクホームズではご家族の成長や加齢などに配慮し、長期的なライフステージに対応できる家づくりを進めています。

住まいの基本寸法にメーターモジュールを採用

一般的な在来軸組工法の基本寸法が910mmであるのに対し、エルクホームズは、その約1.2倍のメーターモジュール(1,000mm)を採用しています。廊下などは壁芯で1mを確保できるため、広さとゆとりをもった生活空間が可能で、大人も子どもものびのびと暮らせる住まいになります。また、一般住宅よりも65mm幅が広いドアを設置できるなど、開放的な住まいづくりが楽しめます。

メーターモジュールなら、バリアフリー対応も簡単

たとえば、廊下、トイレなどは、車椅子でもスムーズに利用できる広さになります。ドアも一般住宅より幅の広いものを取り付けることが可能なため、介護が必要になった場合も楽に出入りできます。また、廊下などに将来手摺をつけても狭くなりません。住まいのバリアフリー対応が大幅な改修なく行えます。

加齢への配慮と合理性

エルクホームズでは、将来広げることが大変な通路や出入り口の幅は、メーターモジュールにより、住宅性能表示制度の最高等級5に対応していますが、その他のバリアフリー対応については、空間の有効利用や経済面を考え、最も合理的な等級3を標準にしています。もちろん、介護が住まいの重要な目的である場合には、オプションでご要望にお応えいたします。

モジュールによる有効幅の差

ご家族の成長に応じた間取り変更も可能

建物を構造体(スケルトン)と内装・設備(インフィル)に分け、将来の家族構成やライフスタイルの変化に応じた間取りの変更を容易にする設計対応が可能です。新築時に将来を見据えて、どこの壁を動かしやすくするかプランニングしておくことで、より可変性の高い住まいが実現できます。

間取りの変更