「高性能」だから各種認定に対応「全邸が低炭素住宅に対応」

低炭素住宅とは?

低炭素住宅

住まいの省エネルギー性を高め、都市の低炭素化を促進するために2012年12月にスタートしたのが「低炭素住宅の認定制度」です。

認定のための条件は?

省エネ基準に比べて一次エネルギー消費量が10%減らせることが必要条件で、このほかHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の導入や節水対策、木材の利用なども評価項目になります。 エルクホームズは改正省エネ基準を上回る省エネ性能に加え、HEMSの標準装備、木の住まいであるなど、全邸で認定条件をクリアした標準仕様です。

低炭素住宅の認定のための条件

認定のメリットは?

認定のメリット

住宅ローン減税の最大控除額が増額されるほか、登録免許税などの優遇措置があります。またフラット35の金利引き下げ(一定期間)が受けられます。
*低炭素住宅の認定を受けるためには申請が必要です。また、長期優良住宅認定と低炭素住宅認定の優遇措置を併せて受けることはできません。詳しくは担当者にお尋ねください。