省エネルギー住宅への取り組み

省エネルギー住宅

省エネのための設計や施工のノウハウがしっかり

光熱費のゼロ化やゼロ・エネルギー住宅で必要なのは、何よりもまず「住まいの基本性能」としての高断熱を実現することです。この基本がしっかりしていないと、いくら太陽光発電などの創エネ設備や先進的な省エネ機器を備えていても、その効果を十分に生かすことができません。

そのためには、断熱性とともに通風・日射コントロールなどの快適さと住まいの健康を考えた設計や、断熱材の性能を正しく発揮させる施工技術などのノウハウを積み重ねることが大切です。

エルクホームズでは、邸別自由設計の注文住宅でありながら、常にその時代の省エネルギー基準を大きく上回る性能を、長年にわたり「標準仕様」として一邸一邸で実現しています。

eneconserv_img02.jpg

常に「より高性能」にチャレンジ

長年にわたり省エネルギー住宅づくりに取り組んできたエルクホームズでは、より高い性能を一邸一邸でお届けするために、絶えず進化へのチャレンジを続けています。

とはいっても、住宅建材や機器など新しく性能の良いものを何でも採用すれば良い、というわけではありません。あくまでコストと効果とのバランスを考えることが大切。

たとえば、自然を上手にコントロールし、省エネや暮らしの快適さを生む「パッシブデザイン」を積極的に取り入れたり、24時間換気の際の熱交換率や吸気の温度を改善したり。本社に隣接する「エルクの杜」モデルハウス等でデータを取って、効果を検証しながら、住まいの基本部分の性能を常に高めるよう努力を重ねています。

より高性能

エルクホームズのパッシブ&スマートな家づくりとは?

PM2.5対策もできて省エネな24時間換気システムとは?

「エルクの杜」とは?