エルク通信

  1. TOP
  2. エルク通信
  3. エルクホームズのこと
  4. 家族とともに創る家【下関展示場】

下関展示場の魅力をご紹介

下関展示場は2017年10月にグランドオープンしました。エルクホームズは、全ての展示場が全館空調YUCACOシステムを搭載した展示場なのですが、このシステムを初搭載した展示場が、実は下関展示場なのです。

ということで、今回は下関展示場の魅力をご紹介したいと思います。

家の中心に配置した和室スペース

玄関を入ってすぐのところに和室スペースを配置しています。廊下とリビング、キッチンに隣接しており、和室が家の中心にある間取りです。近頃では和室を客間や仏間の用途として利用したいというニーズは減ってきており、リビングと隣接させて家族がくつろげる空間として利用される方が増えています。この展示場はリビングだけでなく、キッチンとも隣接しているので、料理中でも和室にいるお子様の様子を、見ることが出来るので間取りとなっています。

実際にこの展示場をご見学されて和室を家の中心に配置されるお客様もいらっしゃいます。

和室を間取りに取り入れる場合は、なぜ和室が必要なのかという理由をしっかりと考えておくことが大切です。普段からゴロ寝出来る畳が欲しいときには、リビングに併設する形が良いですし、宿泊できる客間や将来の両親との同居を考えている場合はリビングから離れた静かな場所に設けるなど、理由によって間取りも違ってきます。必要に応じて取り入れることで癒しの和室空間を最大限に生かし、間違いのない理想の家づくりが出来るのではないでしょうか。

「あたたかさ」と「かっこよさ」を取り入れた内装

下関展示場のリビングはダイナミックな吹き抜けと大開口を設けた、明るく開放的な空間にしています。また、吹き抜け上部の特徴的な格子天井も見どころのひとつです。内装は、木の本来の色を活かした、ぬくもりのあるナチュラルテイストにしました。テレビの裏にはヘリンボーン調の内装パネルを設けて印象的な空間となっています。これほどひらけたリビングだと通常の家では冷暖房のききが悪くなりますが、全館空調YUCACOシステム搭載の展示場なので、家の温度を一定に保ちます。

こちらからリアルタイムで下関展示場の室温をご覧いただけます。

 

まずは、存在感のあるセラミック素材のキッチンが目を引きます。また、食器を隠す合理的な食器棚ではなく、食器類をインテリアとして見せ、収納を楽しむものにしています。キッチンスペースは木目の天井材、ダイニングスペースは黒の板金材を使用し、同じ空間でも違った雰囲気の内装にしています。

内装に関してはご要望をお聞きし、お客様の好みのものをご提案しています。

 

間取りでは、キッチン横にダイニングテーブルを設置することで、キッチンに立ちながら家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。

使う人の好きをカタチに

ギャラリー(趣味部屋)は、屋根裏空間を利用した勾配天井がアクセントになっており、包み込まれるような安心感のある空間にしています。家族団らんも楽しいですが、一人で過ごす時間も大切にしたい、そんな想いを形にした隠れ家的空間です。部屋の奥行感や広がりは、高さを利用することで同じ畳数でも感じ方が異なります。エルクホームズの設計力でお客様のご要望をお聞きして、最善のプランをご提案しています。

起床から一日が始まることを考え、ホワイトを基調とした明るい主寝室にしています。また、天井の間接照明が、部屋全体をおしゃれに演出してくれます。

子供部屋は就寝と学習を主としながらも、個人の楽しみも大切にした空間となっています。ティピー※などのアウトドアグッズをインテリア用として室内に置く事で楽しさとお洒落感を演出しています。

子供は狭いところが好きなので、取り入れると喜ばれます。

※ティピーとは、インディアンテントとも言われる主に円錐形のテントのこと。

 

さまざまなテイストが融合した下関展示場をご参考にお好きなイメージ、将来のご家族の暮らし方の予想、今のお住まいでの困りごとなど、どんなことでもお話しください。

下関展示場でお待ちしております。

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日