PM2.5を寄せ付けない外気清浄機能

PM0.5や花粉をシャットアウト。住まいの中に汚染物質を入れません。

現在の住まいは、シックハウス対策のために24時間換気システムによる計画換気が義務づけられています。でも、通常の換気システムでは、PM2.5や花粉、黄砂、さらにPM0.5などを除去できません。そこでエルクホームズが採用しているのが日本の戸建て住宅で初となる「外気清浄機」。電子式集じんフィルタ技術で、PM0.5よりもさらに細かい粒子径0.3μmの物質を95%※捕集できる性能で、住まいの中の健康的な空気環境を守ります。

※大気じんによる0.3μmの粒径区分の捕集効率を光散乱式気中粒子計数器にて測定(計数法)

粒子径0.3μmを95%捕集可能な電子式集じんフィルタを搭載。

電子式集じんフィルタとは

従来の紙フィルタでは、小さい粒子を捕集する能力が高いほど汚れによる目詰まりで換気量の低下が起き、目を粗くすると黄砂やPM2.5は素通りになっていました。
エルクホームズ採用の電子式集じんフィルタは、この問題点を解決。汚れの捕集能力と住まいの換気性能を高いレベルで両立させます。

電子式集じんフィルタ

電子式集じんフィルタ技術

エルクホームズ標準仕様の外気清浄&24時間換気システム

エルクホームズ標準仕様の外気清浄&24時間換気システム

外気清浄と空気清浄機の違い

室内に入った汚れなどを除去できるのが空気清浄機ですが、その効果は設置している居室など限定的です。外気清浄機は、住まいに取り込む空気に含まれるPM2.5などの汚染物質をカットし、24時間換気システムによって家全体に安心でクリーンな空気を行き渡らせます。