エルク通信 エルク通信

  1. HOME
  2. エルク通信
  3. 新築注文住宅で取り入れたい家事ラク動線のポイント

新築注文住宅で取り入れたい家事ラク動線のポイント

2021.10.07

#実例紹介

新築を建てる際に、間取りを考えることはとても大変ですよね。しかし、どのような家で暮らすか想像すると楽しさもあります。

暮らしやすい間取りには、家事動線を考える必要があります。今回は、毎日の家事がラクになる動線のポイントと、その先にある暮らしやすさについて実例を踏まえてお伝えします。

新築注文住宅で取り入れたい家事動線とは?

家の中を人が動く“軌道”を生活動線と言い、家事動線は家事をする上で動く“軌道”です。

主に掃除や洗濯、料理などをするための動線で、これらがスムーズに繋がっていると効率のよい家事が行えます。

新築注文住宅で取り入れたい家事動線-料理編

料理と言えばキッチンですが、キッチンを中心に考える間取りは家事ラクに導きます。配膳や片づけを行う際は横並びが便利です。

新築で建てる際には、大きいキッチンには憧れますが、あまりにキッチンのスペースを広く取ると、動線が伸びてしまうため使いづらくなることが考えられます。

また、冷蔵庫や調理器具の配置も検討するべきです。

シンクから冷蔵庫、コンロから電子レンジなど1~2歩で移動できるようにまとめると毎日の料理がスムーズに行えるでしょう。


キッチンからパントリー、玄関収納へとつながるこちらの実例。回遊性のある間取りはとても便利です。

共働き世帯は特にストックの食材が多く、収納に困るケースがあります。食材だけではなく、調理器具や食器を収納できるスペースがあるだけでキッチンがスッキリとして料理がしやすくなります。

玄関側からもキッチン側からも入ることのできるパントリーは買い物して帰ったときなど、とても便利で家事効率はかなりアップします。

新築注文住宅で取り入れたい家事動線-洗濯編


バルコニーから取り入れた洗濯物をウォークインクローゼットへそのまま収納できる動線。中心にカウンターをつくり、こちらのスペースでアイロンがけもできます。

ファミリークローゼットを配置すると、家族の衣類が全てこのスペースで完結します。洗濯物の片づけだけではなく、模様替えを行う際にもメリットがあります。

室内干しを利用する家事ラク動線もあります。ランドリールームに洗濯機を配置、さらにウォークインクローゼットと隣接させることで一連の動作が近距離で行えます。

雨の日も気にせず洗濯ができるのも室内干しのメリット。毎日大量の洗濯物を洗わなければならないご家庭にとっては、取り入れるとかなり有効なスペースです。

新築注文住宅で取り入れたい家事動線-掃除編

片づけは収納スペースで決まります。先ほど紹介したパントリー、ファミリークローゼットの他に、シューズクロークも広く取ることで玄関がスッキリとします。

趣味用品、ベビーカーなど収納できると空間にゆとりができますね。

またお子さまが自分自身で収納できるスペースを取り入れると、ストレスのない日常になるかもしれません。

家族が集うリビングの近くに収納場所を確保すると、家族全員で利用できます。

まとめ

共働き世帯が増えた現在、新築の間取りを考える上で家事動線への配慮は更に重要視されています。

料理・洗濯・掃除の家事全てに共通して言えることは“収納”の配置場所と容量です。それぞれの暮らしに合った間取りが注文住宅なら叶えることができます!

これから注文住宅を検討される際には、ぜひ参考にしてみてください。



ページトップに戻る