エルク通信

  1. TOP
  2. エルク通信
  3. 性能のハナシ
  4. エルクホームズの標準仕様「2×6工法」って?

こんにちは!エルクホームズの広報担当です。

 

エルクホームズはハウスメーカーとして、山口県と広島県を中心に展開しています。

そんな私たちの強みのひとつが「2×6(ツーバイシックス)工法」です。

「2×4工法」は一般的に知られている工法ですが、「2×6工法」はあまり馴染みがないかもしれません。というのも、取り扱っているハウスメーカーの少ないグレードの高い工法なんです。

 

では何が違うのかと言うと、2×6工法の特徴は「高断熱・高耐震・高気密」の3つ。

 

従来の2×4工法では壁内が89mmなのに対して、2×6工法では140mmとおよそ1.57倍。ここに断熱材をぎっしり敷き詰めることで、2×4工法以上の高断熱が実現できます。

さらに、エルクホームズでは一般的な断熱材よりも断熱性だけでなく、防音性や耐久性にも優れた「高性能グラスウール」を採用。熱も音も気にせず快適に過ごせますよ。

 

また、2×6工法は床・壁・天井が壁パネルで一体となり面で支える「モノコック構造」です。

これにより上や横からの圧力を壁全面に分散できます。2×4工法に比べて横揺れに対する強度は約2.5倍、上からの鉛直荷重に対する応力は約3倍にもなる高耐震。

 

その上、モノコック構造では壁・床・天井が一体となっているため「高気密」にもなります。すきま風や湿気の流れを防ぐことができ、省エネや防湿にも効果的です。

 

日本には四季がありますよね。夏は暑く、冬は寒い、温度差の激しい気候です。

この日本において住環境を「心地よく」するには、高断熱と高気密の2つは欠かせません。エルクホームズでは全邸に「2×6工法」を採用し、いつまでも快適な住環境を提供しています。

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日