エルク通信

  1. TOP
  2. エルク通信
  3. 実例紹介
  4. 子どもと暮らす―育児を楽しむ実例5選!

家族が増えると暮らしも変わり、家事動線や収納はどうするべきか、間取りについて悩まれる方も多いと思います。
せっかく家を建てるなら後悔しない家づくりをしたいですよね。
そこで今回は、育児を楽しむ実例5選を紹介します。

リビング続きの和室

リビングに続く和室を間取りに取り入れると、子どもの遊ぶ空間を確保できます。

幼児期のお子さまなら、リビングでくつろぐ横で、子どもの遊ぶ姿が見ることができて安心です。
子どもの目線に立っても、お父さんやお母さんの存在を感じながら遊べるので、孤独になることもありません。

乳児期のお子さまなら、お昼寝やおむつ替えのスペースとして活用できます。和室にドアを付けるなど、仕切ることができれば、お昼寝中でも音をあまり気にせず過ごすことができます。
また、和室におもちゃを置いたままでもリビングはスッキリです!

対面キッチンで安心に

キッチンから子どもの様子が見ることができると安心ですよね。対面型のキッチンだと会話もできて、家事をしながら子どもとの時間をつくることができます。
キッチン前にカウンターを付けると、宿題をしている姿を近くで見ることも可能に。

忙しい毎日を送るお父さん、お母さんには取り入れてほしい間取りのひとつです。

ランドリールームで室内干し

家族が増えると自然と洗濯物も増えますよね。子どもが小さいうちは、 食事や遊びで汚れる回数が増えたり、大きくなると部活や習い事で更に洗濯物が増えたりします。
脱衣室につながるランドリールームを設ければ、2階のバルコニーまで洗濯物を干しに行く手間が省けます。
また、ランドリールームにハンガーラックを付ければ、干した状態のまま収納できます。

家事がひとつラクになると心に余裕もできますね。

子ども部屋には収納要らず

いつかは子どもが成長して家を出ていくことになります。その後は子ども部屋が収納部屋になるご家庭がほとんど。収納部屋に収納は必要ありませんよね。
これを考慮して、最初から子ども部屋には収納を付けず、代わりに1階に家族のウォークインクローゼットを設けるなど、将来を見越した間取りを取り入れてみるといいかもしれません。

土間収納は広く

子どもが増えると物も増えます。ベビーカー、靴、傘・・・置き場所に困るものはすべて土間収納に納めましょう!
大容量の土間収納を取り入れると、玄関に物を置くことがなくなるので、見た目はスッキリ。
子ども用品だけではなく、ゴルフバックなど趣味の物を入れることもできます。
また、ハンガーラックを付けると、冬に毎日着用するコートをかけておくことができてとても便利です。

家族みんながずっと快適に

育児をしている間は本当に忙しい毎日ですよね。家を建てることで、少しでも家事がラクになったり、子どもとの時間を楽しく過ごすことができたりしたら、暮らしに余裕が出ます。

今回は実際にエルクホームズの実例をご紹介しました。
取り入れてみたい間取りがあれば、ぜひ参考にしてください。
皆様のお家づくりのヒントになれば幸いです。

関連記事

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日