エルク通信

  1. TOP
  2. エルク通信
  3. 家づくりノウハウ
  4. マンションではなく一戸建ての注文住宅を選ぶメリット

マイホームの購入を考える時に、マンションにするか一戸建ての注文住宅にするか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どちらにもメリット、デメリットがあり、家族構成やライフスタイルによって評価基準は大きく変わるかもしれません。価格や環境、生活条件、広さなどマンションと一戸建ての注文住宅で比較するポイントは数多いです。

今回は、一戸建ての注文住宅の4つほどメリットをご紹介します。

 

メリット① 注文住宅とマンションの資産価値の違い

マンションも一戸建ての注文住宅もだんだん資産価値が下がるのが一般的なのは同じですが、下がり方に違いがあります。まずマンションは、建物が古くなるにしたがって資産価値が徐々に下がっていくのが通常です。これに対し一戸建ての注文住宅は建物の資産価値は早く下がりますが、土地代はそのまま資産価値として残ります。つまり、長年住み続けて次の世代までへと資産を考えるのであれば、土地が残る一戸建ての注文住宅の方が有効的です。子どもが成長してから建替えやリフォームを検討する際も、土地がある状態からスタートできるのは大きなメリットですよね。

メリット② 注文住宅とマンションの維持費の違い

一戸建ての注文住宅は駐車スペースがあるので、駐車料金がかかりません。一方、マンションは通常、駐車料金が別で発生します。また管理費、修繕積立金も生涯かかってきます。例えば、駐車料金が月々5,000円、管理費と修繕積立金は合わせて月々26,000円と仮定します。1年間で考えてみても、372,000円です。40年間で計算すると、14,880,000円にもなります。長く住み続けるわけですから、この金額はバカにはならないですよね。

一戸建ての注文住宅の場合は自己管理になります。自己管理する大変さはありますが維持費の軽減はとても大きいです。もちろん、屋根材や外壁材のグレードによってメンテナンスコストが大きく変わりますので、目先の金額だけではなくてメンテナンスコストも考慮して建てることも重要になってきます。

メリット③ 注文住宅とマンションの間取りの違い

家族の人数が多い場合には、必然的にマンションの部屋数では足らず、一戸建ての注文住宅の選択になりやすいです。一戸建ての注文住宅であれば、設計の自由度が高く、大家族でも十分な間取りを作ることができます。マンションの場合はワンフロアでの生活がほとんどですが、

一戸建ての注文住宅は平屋、2階建て、3階建てとその家庭の生活スタイルに合った家にすることが出来ます。

LDKの大きさや家事動線を考えながら工夫して計画することが出来るので、間取りの自由度は一戸建ての注文住宅が大きいですよね。

メリット④ 注文住宅とマンションの生活音の違い

マンションの場合、上下左右、周りが別の住居になっているのですから、生活音が全くしないことを期待するのは難しいでしょう。一戸建ての注文住宅ならば他の住居から距離が保たれており独立性が高いため、お互いに生活音が響きにくくなっています。そのため、小さいお子様やペットがいるご家庭でも、周囲に気を遣うストレスが少ないのではないでしょうか。ペットに関しては、マンションでは管理規約によってペットの制限がされている場合もあります。

今回は、一戸建ての注文住宅メリットを4つご紹介しました。

一生に一度の買い物ともいえるマイホーム購入、後悔はしたくないものです。

どちらの住まいを選ぶにしても、自分たちはどんなライフスタイルを送りたいかを整理していけば、どちらが良いのかが見えてくるのではないでしょうか。

関連記事

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日