NEWS / REPORT

お知らせ・展示場レポート

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 2021年省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」受賞

2021年省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」受賞

2021.12.22

#共通のお知らせ

2021年度省エネ大賞 省エネ事例部門
「省エネルギーセンター会長賞」受賞

 ~中国・四国地方に本社を置く住宅会社で初受賞の快挙~

 

「百人百色のハッピーにお応えする住まいづくり」を掲げて注文住宅を販売するエルクホームズ株式会社(本社:山口県周南市、代表取締役社長:卜部治久)はこの度、長年にわたる省エネ住宅販売の取り組みを評価され、2021年度省エネ大賞(主催:一般財団法人省エネルギーセンター、後援:経済産業省)の省エネ事例部門において、2021年12月22日に「省エネルギーセンター会長賞」を受賞致しましたのでお知らせいたします。

 

当社では、2021年3月の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」“大賞”(2度目)の受賞に続いて、栄誉ある受賞となりました。また、山口県はもとより、中国・四国地方に本社を置く住宅会社としては初の受賞となる快挙となりました。

 

 

 

 

 

■省エネ大賞とは

 

事業者や事業場等において実施した他者の模範となる優れた省エネ取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するものです。この表彰事業では、公開の場での審査発表会や受賞者発表会、さらには全応募事例集や受賞製品概要集などを通じ、情報発信や広報を行うことにより、日本全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。

省エネ事例部門は、企業や組織全体あるいは事業場や事務所等における省エネ取組みや、現場における小集団活動あるいは他者との連携等による省エネ活動により成果をあげた案件等を対象としています。

 

 

■受賞件名

 

「HEAT20 G2 を超える住宅性能によるZEH展開と販売推進」

 

 

■受賞概要

 

エルクホームズでは、住宅の高断熱化だけでは省エネが不十分との考えのもと、住宅設備商品の性能を担保し、住宅の省エネ、省CO2化に向けた提案により2000年に全邸2×6工法に統一し事業展開してまいりました。近年の取り組みは、①HEAT20 G2グレード゙を超える断熱性能への転換、②高性能設備機器の導入、③BELS表示の100%取得に向けた取り組み、④ZEH補助金を最大限に活用、⑤自社消費電力の再生可能エネルギー転換等を実施、等が挙げられます。こうした取組みにより、2020年度の一次エネルギー消費量(再エネを除く)を原油換算で170.86kLもの削減をすることができております。

また、当社は「全邸ZEH性能を標準仕様」で提供しており、山口県における当社の戸建てシェアは6%程度となっております。過去5年間では1,004棟のZEH住宅を提供。また、ZEH性能は、1,169棟を提供し、ZEH補助金においては527棟で活用することができました。

 

 

 

※エルクホームズのZEH住宅、全館空調YUCACOシステムの家「ラ・プラス」イメージ ※外観・内観写真はこころ展示場。


 

 

■受賞内容

 

受賞名 2021年度省エネ大賞 省エネ事例部門 省エネルギーセンター会長賞

主催  一般財団法人省エネルギーセンター (後援:経済産業省)

表彰日 2022年1月26日 (東京ビッグサイト:東京都江東区)

 

この度の省エネ大賞受賞は、ひとえにエルクホームズ株式会社を信頼して施工させていただきましたお施主様をはじめ、地域の皆様のご支援の賜と深く感謝申し上げております。

今後も省エネに対する取組みと、常に一歩先を行く省エネ住宅を提供する姿勢を変えることなく、更なる省エネ住宅の普及・向上を続け、地域の発展はもとより、住宅業界の発展、地球環境負荷削減に寄与して参ります。

 

<参考>

https://www.eccj.or.jp/index.html(一般財団法人省エネルギーセンター ホームページ)

 

「2021年度 省エネ大賞」省エネ事例部門 省エネルギーセンター会長賞 受賞

ページトップに戻る