エルクホームズの家づくり

  1. TOP
  2. エルクホームズの家づくり
  3. 性能
  4. 高性能トリプル樹脂サッシ

高性能トリプル樹脂サッシ

⾼性能トリプル樹脂サッシ

住まいの断熱性能を
⼤きく左右する「窓」

⼀般的な住まいでは、窓から夏の冷房時は73%の割合で熱が⼊り、冬の暖房時は58%の割合で熱が流出しています。室内の温熱環境を快適に保つためには窓の性能を⾼めることがとても⼤切だと⾔えます。

出典:⼀般社団法⼈⽇本建材・住宅設備産業協会

エルクホームズの
⾼性能サッシの特徴

ダブルLow-Eトリプルガラスに
オール樹脂サッシを採用

対応商品:ラ・プラス

Low-E膜と呼ばれる特殊⾦属膜をガラスにコーティングした「低放射ガラス」を室内側と室外側にダブルで⽤いたトリプルガラスは⽇射を遮るとともに、暖房熱の透過を抑え、冷暖房効果を⾼める特徴を持っています。
フレームは熱の伝わりにくい樹脂素材を採⽤し、室内の暖かさを逃がさず、室外の冷気を室内に伝えにくくします。

ガラス層厚31mm

ガラスの層厚は31mmに設定。中空層幅を広くすることで、断熱性能が高まります。

ウォームエッジスペーサー

複層ガラスのスペーサーはアルミ製が⼀般的ですが、スペーサーまで樹脂製にすることで、より断熱性の向上と端部の結露を抑制します。

アルゴンガス標準

空気よりも断熱性能が⾼いアルゴンガスを封⼊し、より断熱性能を⾼めています。

※プレシードにはアルミの良さと樹脂の良さを融合した「ハイブリッド窓」を採⽤。室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側に耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を⽤いた複合サッシを採⽤。⾼い断熱性を発揮するとともに結露を防ぎ、住宅の超寿命化にも貢献します。

⾼性能サッシだと、こんなに経済的

断熱性の差は快適性はもちろんのこと、冷暖房の費用といった経済面に大きく関係してきます。
エルクホームズのラ・プラスαに採用している「ダブルLow-Eトリプルガラス+オール樹脂サッシ」はU値0.72と業界トップクラスの性能。
一般的な「ペアガラスアルミサッシ」と比較するとその差は一目瞭然です。

窓から失う温度を補うためにかかる暖房費を試算してみるとラ・プラスαの窓と一般ペアガラスアルミサッシの差は年間で6.6万円にも!
例えば住宅ローンを35年で組んだ場合、支払いが終わるまでに、その差額は231万円にもなります。

また、暖房器具がエアコンより消費電力の高いオイルヒーター(1000W)や電気式床暖房(1500W)で窓がペアガラスアルミサッシだった場合、年間暖房費はそれぞれ17.3万、26.0万となり、35年で607万、911万にも上ります。

こうした試算から、高性能な窓がいかに経済的かがよくわかります。

※外気温4℃、室温20℃、一軒当りガラス20枚(30㎡)を想定を想定。 
※電気代は27円/Kwhで計算、暖房器具24時間運転、運転期間は12月~3月の120日で計算。
※エアコンの消費電力は450Whで試算。 
※性能値(U値)は窓種、サイズ、仕様、ガラスメーカーによって異なります。
※窓のみでの試算値です。実際は壁や換気等の熱損失の考慮が必要となります。

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日