エルクホームズの家づくり

断熱性能

"超"⾼断熱性能

分厚い2×6の壁が⽣み出す⾼断熱

2×6は壁が厚い
 

対応商品:全商品

2×6⼯法は、住まいの外周部の壁の枠組を2インチ×6インチ(断⾯3.8cm×14cm)の厚さで作ります。こうすることで、2×4(断⾯3.8cm×8.9cm)よりも1.57倍の断熱層が⽣み出せます。ここに⾼性能グラスウールを隙間なく14cmの厚さで施⼯しているため、⼀般住宅や2×4⼯法を⼤きく上回る"超"⾼断熱性能を発揮します。

⾼性能グラスウール
密度16Kを採⽤

対応商品:全商品

ガラスを細い繊維にした断熱材で、厚さや密度が⾼くなるほど⾼い断熱性能を発揮します。無機質なので燃えず、ガスも発⽣しません。防⾳性や耐久性にも優れ、撥⽔加⼯もしてあります。
また、プレシードでは外周壁だけでなく、天井断熱材(厚さ24cm)としても採⽤しています。

湿気に対しても万全の対策

対応商品:全商品

断熱材の室内側を、湿気を透しにくい「気密シート」で覆い、屋外側を、水は透さず湿気は透す「透湿防水シート」で覆うことで、室内からの湿気と屋外からの雨水の浸入は防ぎつつ、壁の中の木材の呼吸を確保させています。この通気工法を取り入れることによって、グラスウール断熱材による断熱は、結露に対しての備えも万全です。

床下の断熱は
⾼性能フェノールフォームを採⽤

対応商品:全商品

フェノール樹脂を独⽴微細発泡させることで、最⾼クラスの断熱性能〔 熱伝導率 0.019W/(m・K) 〕を有しています。ガスバリア性能に優れており、気泡に封じ込めた特殊ガスを抜けにくくし、⻑期的に⾼断熱性能を維持します。
また、⽕にさらされると表⾯に炭化層が形成され、燃焼の進⾏を抑えることができ、安⼼の防⽕性能があります。フロンガスを⼀切使⽤しない、環境にやさしいノンフロン建材です。
※プレシードは床断熱仕様、ラ・プラス及びラ・プラスαは基礎断熱仕様となります。

屋根断熱に
硬質ウレタンフォームを採用

対応商品:ラ・プラス、ラ・プラスα

無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、優れた断熱性能を発揮します。温室効果の大きいフロンガスを使わず現場で発泡させる、人と地球に優しい素材です。

⾼性能仕様+⽊の住まいが⽣む効果

対応商品:全商品

⽊材は、鉄などと⽐べ極めて熱を伝えにくく、断熱性に優れた空間をつくるのに最適な素材です。
エルクホームズは、この⽊材を構造材として⽤い、省エネ基準を上回る断熱仕様で住まいを包みこむことで、超⾼断熱を実現しています。

HEAT20 G3⽔準をクリアする
『W断熱』

HEAT20 G3は、
現段階で考えられる
最⾼レベルの⽔準

対応商品:ラ・プラスα【HEAT20 G3(6-7地域)対応】

HEAT20委員会では、HEAT20の基準を外⽪性能の向上の重要性と必要性を理解するために、「室温」という最もわかりやすい指標を⽤いて、エネルギー性能やコストバランスを考慮して⽬指すべき⽔準を⽰しています。
G3というのは、目安として冬期間の最低の体感温度が概ね15℃を下回らないという考えです。6-7地域だと、例えば就寝前にLDKのエアコンを消して、翌朝無暖房のLDKの体感温度が15℃以上をキープしているということです。また、廊下・浴室・洗面などは終日無暖房が試算の前提ですが、全館空調システムのラプラスαなら、より高い温度が推定されます。(H25省エネ基準:8℃、G1:10℃、G2:13℃が目安)

外張り断熱と開口部の強化で
さらなる快適さの追求

充填+外張りのW断熱仕様

充填+外張りのW断熱仕様

モノコック構造が⽣む⾼気密

床・壁・屋根(天井)で構成する
モノコック構造

対応商品:全商品

2×6⼯法は、床・壁・屋根(天井)が高い密閉度で接合され⼀体となったモノコック構造のため⾼い気密性が確保できます。
⾼気密であることは、住まいの省エネルギー性能を左右するだけでなく、結露の防⽌や計画換気など住まいの快適さを⾼めるためにも⽋かせません。

C値=0.58、数値が⽰す
エルクホームズの超⾼気密性能

気密性能を数値で⽰すものさしとして「C値」というものがあります。C値とは、家全体の隙間⾯積(cm2)を床⾯積で割った数値です。
1m2の床⾯積あたりにどのくらいの隙間⾯積(cm2)があるかを⽰します。
ラ・プラスシリーズの標準仕様は、基礎断熱と屋根断熱の仕様により、わずか0.58cm2の隙間しかない、⾼気密な住まいです。

※プレシードのC値標準は1.1。上記例の場合パスポートと同じサイズとなります。

そもそも気密の役割とは?

住まいに気密性が必要な理由は国土交通省の外郭団体IBEC(財団法人 建築環境・省エネルギー機構)から出版されている「住宅の改正省エネルギー基準の解説」以下の4つと明記されています。

  1. 隙間⾵を防ぎ、エネルギーロスを減らす保温」「省エネ」の役割
  2. 断熱材の性能をフルに発揮させる役割
  3. 湿気の移動をコントロールする「防湿」「結露防⽌」の役割
  4. 空気の流れをコントロールする「計画換気」の役割

ZEH基準をはるかに超える
断熱性能が標準

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとは、政府が推進しているNet ZeroEnergy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性と省エネ性能を⾼め、太陽光発電などによる創エネを⾏うことで、年間の⼀次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)がゼロ以下となる住まいです。
エルクホームズは全ての商品においてZEHのUA値基準を⾼いレベルでクリアしており、その普及率は全国でもトップクラスの実績を誇ります。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・
イン・エナジー『⼤賞』受賞

ハウス・オブ・ザ・イヤー・
イン・エナジー2016“⼤賞”受賞!
4年連続受賞が証明する⾼性能

エルクホームズは、2016年に[プレシード]にて初応募し、最⾼賞である”⼤賞”を受賞しました。2017の"特別優秀賞"(⼤賞に続き優れた賞)に続き、2018年は 全館空調YUCACOシステムの家[ラ・プラス]にて"特別優秀賞"を、同じく2019年も"特別優秀賞"を受賞し、4年連続の受賞となりました。
また、2018・2019年は3年連続以上受賞の企業に贈られる"優秀企業賞"も受賞、さらに2019年は審査員賞のうち"坂本委員長賞"も受賞しトリプル受賞となりました。

⾼性能だから
各種認定に標準仕様で対応

⻑期優良住宅

⻑期にわたって良好かつ安⼼に住める優良な住宅が増えれば、資源の節約や廃棄物の削減、環境負荷の低減などが図れ、建て替えのための費⽤も抑えられます。
こうした⽬的のために政府が普及を促進しているのが「⻑期優良住宅」です。
住まいの耐震性能、維持管理対策、劣化対策、省エネルギー対策を⾼いレベルで満たしていることに加え、いくつかの条件が必要です。
※詳しくは、担当者にお尋ねください。

低炭素住宅

住まいの省エネルギー性を⾼め、都市の低炭素化を促進するために2012年12⽉にスタートしたのが「低炭素住宅の認定制度」です。
省エネ基準に⽐べて⼀次エネルギー消費量が10%減らせることが必要条件で、このほかHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の導⼊や節⽔対策、⽊材の利⽤なども評価項⽬になります。
エルクホームズは改正省エネ基準を上回る省エネ性能に加え、HEMSの標準装備、⽊の住まいであるなど、全邸で認定条件をクリアした標準仕様です。

「認定住宅」を受けるメリット

住宅ローン減税の最大控除額が増額されるほか、登録免許税などの優遇措置があります。
またフラット35の金利引き下げ(一定期間)が受けられます。

※低炭素住宅の認定を受けるためには申請が必要です。
※⻑期優良住宅認定と低炭素住宅認定の優遇措置を併せて受けることはできません。また、優遇される税率や年数が異なります。詳しくは担当者にお尋ねください。

住宅性能表⽰制度

住宅性能表⽰制度とは、住宅の基本的な性能について、 国が定める性能評価項⽬・性能評価基準に基づき、 公正中⽴な第三者機関(登録住宅性能評価機関)が 設計図書の審査や施⼯現場の検査を経て等級などを評価し、 「建設住宅性能評価書」が交付された住宅については、 迅速に専⾨的な紛争処理が受けられるよう平成12年度から実施された制度です。
エルクホームズでは10項⽬中7つの項⽬で最⾼ランクの性能レベルを標準仕様としています。

住宅性能表⽰制度を受ける
4つのメリット

  1. 設計性能と施⼯性能を第三者が評価します。
  2. 地震保険料が割引されます。
  3. 住宅の将来の価値評価に有利です。
  4. 万⼀の紛争にスピーディーに対応します。

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日