エルクホームズの家づくり

  1. TOP
  2. エルクホームズの家づくり
  3. 性能
  4. エルクホームズのZEH

エルクホームズのZEH

ZEH基準を超える断熱性能が標準

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとは、政府が推進しているNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性と省エネ性能を高め、太陽光発電などによる創エネを行うことで、年間の一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)がゼロ以下となる住まいです。

ZEH基準を大きく超える断熱性能が全邸標準仕様

ZEH要件の中でも特に重要なのが断熱性能を表す「UA値(強化外皮基準)」です。地域ごとに外皮性能(断熱性能)基準が設定されていますが、通常の省エネ基準よりワンランク高い水準の性能が設定されています。
エルクホームズは全ての商品においてZEHのUA値基準を高いレベルでクリアしています。

UA値基準
改正省エネ基準
(広島・山口)
0.87
ZEH
基準
0.6
ZEH+
基準
0.5
HEAT20
G1
0.56
HEAT20
G2
0.46
エルクホームズ
《プレシード》
0.4
エルクホームズ
《ラ・プラス》
0.29
HEAT20 G3
(現状最高基準)
0.26
エルクホームズ
《ラ・プラスα》
0.22
※当社のUA値は、モデルプランにより算出したもので、プランにより異なります。
※UA値は数値が低いほど断熱性能が良いことを表します。
※上記UA値基準は6-7地域の数値です。
ZEH普及目標と全国トップクラスの実績

政府のZEH普及目標は、①2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指す ②2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す、としています。
エルクホームズは、一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称SII)に登録されている「ZEHビルダー」ですが、その中でも、2018年より始まったZEHビルダー評価制度※1による5つ星(★★★★★…最高ランク)を連続で獲得しています。全国には、ZEHビルダーが7371社※2も存在します。そのうち、5つ星の評価を取得した会社は、全国で336社、わずか4.5%しかありません。実績と評価が示す通り、全国トップクラスのZEHへの取り組みを行っています。

※1 省エネルギー性能が高い家づくりに対して、どれだけ実績があり注力しているかを評価するものです。
※2 2019年10月現在

【ZEHビルダー実績報告】

ZEHビルダー実績報告とBELS表示割合の報告を行いましたので公表いたします。

この表組みは横スクロールできます。

ZEHビルダー実績報告(新築物件におけるZEHの割合)※Nearly ZEHを含む
  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
当初目標 30% 35% 40% 45% 50%
修正目標 - 45% 80% 83% 85%
実  績 85% 92% 94% - -
BELS表示割合
2016年度 -
2017年度 44%
2018年度 24%

BELS(ベルス)とは、建築物省エネルギー性能表示制度のことで、新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度です。
BELSは、一次エネルギー消費量の基準値からの削減率や基準への適合可否、性能(BEI)に応じた5段階の★マーク等で表示されます。評価に用いられる指標及び手法は、外皮性能および一次エネルギー消費量によることを基本とし、その評価方法は省エネ基準によります。

CONTACT

0834-33-1111

受付/10:00〜18:00 定休日/火曜日・水曜日