エルク通信 エルク通信

  1. HOME
  2. エルク通信
  3. 注文住宅と分譲住宅の違いはなに?

注文住宅と分譲住宅の違いはなに?

2021.11.11

#家づくりノウハウ

 

.

家の購入を検討される方は、注文住宅にするか分譲(建売)住宅にするか悩まれる方も多いと思いますが、そもそもこれらの違いはなにかご存じでしょうか。 お客様の暮らしや考え方によって家づくりの進め方が変わってきます。今回は注文住宅と分譲(建売)住宅、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えします。これからお家を検討される方はぜひ参考にしてみてください。  

注文住宅とは

  注文住宅とは、間取りや内装、外装を自由に設計してつくる家のことを指します。注文住宅は一から自分たちの希望をカタチにしてくため、自由度が高いと言われています。一からつくると言っても全てをお客様が決めるわけではありません。もちろんフルオーダーで窓の種類や設備などひとつひとつ決めていく注文住宅もありますが、この場合、かなりの建築知識が必要となり時間も要することになります。 多くのハウスメーカーでは、商品によって窓の種類など大枠が決められた中で、希望の間取りや仕様をつくりあげていくかたちを採用しています。ハウスメーカーが持つ商品はそれぞれに特徴があります。依頼者が求める予算や断熱性能によって商品を決めていくことが多いでしょう。冒頭にも述べましたが、この場合でも注文住宅は間取りや仕様はお客様が決めていきます。家族の暮らし方や好みのインテリアデザインなど、ハウスメーカーに常駐するプロのスタッフに相談しながら、家づくりを進めていきましょう。    

注文住宅のメリット・デメリット

 

 

1.注文住宅のメリット

注文住宅は希望をカタチにすることができるため、間取りや外観、仕様といったすべてにおいて自由度が高いといえます。家事ラクが叶う動線、キッチンや洗面の設備、造作家具など住宅を新築する際には多くの要望がありますよね。注文住宅では、予算の問題がクリアすれば、このような要望に応えることができます。間取りや外観、仕様を自分や家族の好みに仕上げることができるのです。 また、注文住宅では自分の家が建てられていく工程を見ることができます。建築現場を実際に確認できるため、完成してからでは見ることができない構造部分などを自分の目で確かめられる安心感があります。  

2.注文住宅のデメリット

注文住宅は契約する段階では実物がないため、イメージで間取りや仕様の打合せを進めなければいけません。実際にどれくらいの広さなのか、インテリアの色合いがどのように調和するかなどは、家が完成してから確かめることになります。ハウスメーカーでは、完成現場見学会など随時開催していることが多いです。多くの現場に足を運び、イメージする空間を確かめてみてください。 ハウスメーカーによって異なりますが、間取りや仕様の打合せに1~3ヶ月、着工から完工まで3~5ヶ月程度の期間がかかります。  

分譲住宅とは

 

  分譲(建売)住宅は、土地と建物がセット販売されています。ある一定の住宅地に複数の戸建て住宅が建てられていて、ひとつひとつ販売されているものが分譲住宅です。あらかじめ間取りやデザインなどがハウスメーカーで決められ、建てられており、分譲して売ることを目的としています。  

分譲住宅のメリット・デメリット

 

 

1.分譲住宅のメリット

実際に建てられた戸建て住宅を見学できるので、注文住宅と違い、暮らしをイメージしやすいことが挙げられます。また、ハウスメーカーによって建てられた分譲住宅では、主にモデルハウスとして使用した後に販売されることが多く、家の性能は注文住宅と同等のスペックを持ち、インテリアデザインはモデルハウスのようにこだわってつくられています。モデルハウスとしての展示期間を考慮して販売するため、価格が控え目になることもあり、性能もデザインもハイスペックでありながらコストを抑えることができます。 入居時期についても、分譲住宅は既に建てられているため、即入居が可能です。お急ぎの方や実物を見て購入したい方にはおすすめです。  

2.分譲住宅のデメリット

分譲住宅は、既に建てられた戸建て住宅のため、希望したい間取りやデザインを取り入れることは難しいです。暮らし方やご家族の希望が強い場合、分譲住宅は向いていないかもしれません。また、メリットでもお伝えしましたが、ハウスメーカーによって建てられた分譲住宅はモデルハウスとして利用したものも多くあります。この場合、不特定多数のお客様が見学されているため、抵抗感がある方はやめておいた方がいいでしょう。 エルクホームズの建売情報はこちら  

まとめ

  今回、注文住宅と分譲住宅の違いについて書きましたが、いかがでしたか。それぞれに特徴があり、ご自身やご家族の思い、考え方、暮らし方に合わせて検討されることをおすすめします。どこを重要視して家づくりを進めるのか、まずはご家族でしっかりと話し合ってくださいね。

ページトップに戻る