エルク通信 エルク通信

  1. HOME
  2. エルク通信
  3. 注文住宅を建てる時にピットリビングという選択肢を~メリットとデメリットを紹介!

注文住宅を建てる時にピットリビングという選択肢を~メリットとデメリットを紹介!

2022.05.19

#家づくりノウハウ

注文住宅を建てる時にいろいろなアイデアを取り入れて家を建てたいと考えている人も多いのではないでしょうか?今回は、ピットリビングのメリットとデメリットを含めてご紹介します。「ピットリビングとはどのような空間を指すのか」などの概要に触れつつ、施工事例もご紹介しながら知っておきたい情報をまとめました。

 

目次

  1. 注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングとは?~

  2. 注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのメリット~

  3. 注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのデメリット~

  4. 注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのまとめ~

 

1.注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングとは?~

「ピットリビング」とは、床に段差を付け、ほかのスペースよりも一段低い位置につくられたリビングのことです。「ダウンフロア」とも呼ばれており、段差で目線をコントロールすることで、壁や仕切りなどを設けずに、視覚的に空間を区切れる特徴があります。空間に奥行きが生まれ、限られたスペースを広く見せてくれるため、オシャレで開放的なリビングをつくりたい人や、リビングの天井が低い人などは、導入するとより快適な住まいがつくれるでしょう。

2.注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのメリット~

ピットリビングのメリット① 空間を緩やかに区切れる

ワンフロアの広いリビングをつくる時、食事をするスペースやくつろぐスペース、キッチン周りなどの空間を区別しづらく、かえって雑然とした印象になってしまうことがあります。かといって、間仕切りやパーテーションなどを設置すると開放感を損なうため、なかなかイメージ通りの空間がつくれず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そのような場合は、ピットリビングで部屋の一部を下げ、視覚的に空間を区切る方法がオススメです。一目で空間の役割が明確になるため、仕切りがなくてもメリハリのあるすっきりとしたリビングをつくれるでしょう。

 

ピットリビングのメリット② 空間が広く感じられる

スペースが限られている場合や、窓の数が少ない場合など、住宅の状態によってはどうしても圧迫感のあるリビングになってしまうケースもあるでしょう。

ピットリビングは床が一段低い分、天井の高さを際立たせ、空間に奥行きを与える効果があります。また、家具の位置が下がり、視線が部屋の奥に届きやすくなるため、ゆったりとした印象を与えてくれるでしょう。

 

ピットリビングのメリット③ ほかとは違うオシャレなリビングがつくれる

ピットリビングのように段差を用いて空間を区切る方法は、海外のオフィスやカフェ、注文住宅やリノベーション住宅などでも多く用いられています。また、段差をベンチやソファの代わりに使用したり、段差の下に収納をつくったりすることで、家具の数を減らし、すっきりとした空間を目指す人も多いそうです。ワンランク上のオシャレなリビングをつくりたい人や、ステップ部分を有効活用したい人などは、ピットリビングの設置を検討してみるとよいでしょう。

3.注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのデメリット

ピットリビングのデメリット① 高齢者や小さな子どもなどが怪我をする可能性がある

ピットリビングは段差を使用して空間を区切るため、人によっては足腰に負担がかかったり、転倒してしまったりと、安全性を損なう可能性があります。

リビングは多くの時間を過ごすため、長く安全に使用できるよう、バリアフリーやユニバーサルデザインの考え方を取り入れたいと考える人も多いでしょう。そのような場合は、ピットリビングの設置を見直す必要があるかもしれません。

 

ピットリビングのデメリット② インテリアやレイアウトの選択肢が少ない

一般的なリビングであれば、好みによって自由に家具を選べるので、家族構成やライフスタイルなどに合わせて自由にレイアウトを変えられるでしょう。しかし、ピットリビングはスペースが固定されているため、家具の大きさや場所が限られてしまいます。季節によって模様替えを楽しみたい人や、多くの種類のインテリアを楽しみたい人などは、物足りないと感じるかもしれません。

ピットリビングのデメリット③ 掃除に手間がかかりやすい

ピットリビングでは段差の数が増えるため、床を拭いたり、掃除機をかけたりするのに手間や時間がかかります。また、ロボット掃除機が段差を超えられないため、段差部分は自力で掃除をする必要もあるでしょう。

 

4.注文住宅に取り入れたいアイデア~ピットリビングのまとめ~

家づくりを始めた時はピットリビングという発想はほとんどの方がないでしょう。ピットリビングのメリット・デメリットを理解した上で気に入った方は注文住宅に取り入れてみてはいかがでしょうか?より詳しい費用やデザイン、ピットリビングを活かした間取りなどを相談したい人は、施工実績が豊富な「エルクホームズ」にぜひお問い合わせください。

↑施工事例はコチラ

↑資料請求はコチラ

↑来場予約はコチラ

ページトップに戻る